産後脱毛症について

“産後太り”はよく耳にするとおもいますが、出産後意外と悩んでいる人が多いのが産後に起こる脱毛症“出産後脱毛症”です。
出産後2?3ヶ月くらいから突然抜け毛が多くなり、ある日真っ黒な排水溝をみてびっくりされるという方が後を絶ちません。出産後の疲れも重なってか、「急に老けたなぁ」「赤ちゃんに全部持っていかれちゃった?!」と心配される方も多いようです。

“出産後脱毛症”は、通常の抜け毛とは違い産後に起こる特有のものです。
症状としては、男性型脱毛症(AGA)のように一部分が薄くなるのではなく、全体的に髪が細くなり、抜け毛も増えて、ボリュームがなくなってしまう、といった感じです。

原因としては、“女性ホルモン”のバランスの乱れによるものだと言われています。女性は生理周期にあわせて、2種類のホルモンが働きます。排卵前に卵巣から分泌される「エストロゲン(卵胞ホルモン)」と排卵後に卵胞から変化した応対から分泌される「プロゲステロン(黄体ホルモン)」です。
通常はその2種類が約2週間毎に働くのですが、妊娠すると「プロゲステロン(黄体ホルモン)」が上昇します。「プロゲステロン(黄体ホルモン)」は、髪の寿命を延ばそうとする特徴があります。このため妊娠中は本来抜けるはずの髪がそのまま成長しますが、出産を境にプロゲステロンの分泌が低下し、本来ならとっくに抜けているはずの髪が一気に抜けてしまうというわけです。

産後の脱毛はホルモンのバランスによる一時的なものなので、通常は半年?1年くらいで元にもどるといいます。ただそれには個人差があり、特に高齢出産の方などはその後なかなか回復しないというケースもみられます。
また、この期間でも元の髪の状態に戻らず、悩まれている女性たちも多くいます。その原因の多くは「出産後の生活習慣」や「出産後のストレス」によるものとも言われています。

例えば、出産後は赤ちゃんが中心の生活になるため、ほとんどの方が生活リズムが狂ってしまったと感じると思います。さらに、夜泣きや授乳で睡眠不足になったり、慣れない育児で疲れや不安・ストレスを感じるため、髪の発達にも影響を与えることがあるのです。
また出産によって増えた体重を一気に減らそうとして無理なダイエットをすると、ホルモンバランスが崩れるため、髪の発達にも影響を与えます。
問題なのはこれらを放っておくと女性によく見られる“瀰漫(びまん)性脱毛症”に移行してしまうケースがあります。
“瀰漫(びまん)性脱毛症”は自然と回復するということはありませんので、そうなる前に手を打っておきたいものです。
“産後脱毛症”がいくら自然に治るといっても、このまま薄毛になってしまうのではないか…と心配な方や、なかなか元通りにならず不安な方は
“女性のための女性用育毛剤”をチョイスすることをおすすめします。
男性の“ただ生やす育毛剤”とは違い、デリケートな女性のために授乳中でも安心して使える無添加なものや、やさしい成分でできているものも多く開発されています。安価なお試しセットや返金制度があるものもありますので、薄毛の状態にストレスを感じる前にぜひトライしてみてください。