時間をかけて

日本が日本国憲法を作るという段階になって、アメリカの学者もその憲法作成に関わりました。
その際に、あまりに女性の人権が無視されているという事態にアメリカ人学者は驚いたようです。
そのため、日本国憲法ではとにかく男女平等という点を重視したという側面があります。
そういった経緯で、女性の人権は男性と同等にまでなったのです。

しかしながら、法律を変えても人々の心情などはそう簡単には変わりません。
男性は男性で女性を軽んじるため、女性は家庭にいるべき!といって女性は好きな仕事をすることができませんでした。
現代になってようやく法改正や教育の成果からか、昔ほどこういった考えをもった人が少なくなりました。

ですが、女性の時代が訪れたのは何も男性が変わったことが理由というわけではないのです。
実をいうと、女性の時代が到来したのは女性達自らの働きともいえるのです。

女性は女性で、一部の人が人権などについて考えていましたが、急には変わることはできませんでした。
それはもちろん、男性の考え方が原因という方もいらっしゃるでしょうが、それだけではなく、やはり集団の考えが一気に変わるためには法律を変えるだけではダメなのです。

教育などで、しっかりと子供の頃から男女平等という考え方を身につけた人々が育つのを待たねばならないのです。
もちろん、一人一人が急に変わることはありますが、全員となると時間がかかります。

そのため、法律で突然変えるだけでは人々の意識は変わりません。
教育などで男女平等という考えが根付いたからこそ、ついに女性の時代といえる時代がやってきたのです。
もちろん、教育を変えることができるのも法律なのですから、法律でも人々の意識は変わるのですけどね。
人々の意識を変えるには一人一人の意識の変化、そしてその変化を実現させるには時間と教育が必要なんです。

30日間無利息キャッシングサービスをうまく活用しよう!

キャッシングを利用してみたいな、と思い少し調べたらよく「30日間無利息キャッシング!」と謳っている消費者金融を目にすることがあると思います。
これはその名の通り30日間という限定的な期間ではありますが、金利なしでお金を借りることができるんです。
なので数日後には返せるけど今は手持ちがない!という方にはピッタリのサービスですよね!

もちろん全てのキャッシング業者がこのサービスを行っているわけではありません。
有名なところだと「アコム」や「プロミス」といったところでしょうか。
どちらもテレビCMをバンバン流しているのでご覧になられた方も多いと思います。

しかし30日間無利息だからといってどこも同じような条件ではないというのがややこしいところなんです。
その注意点を少し簡単に説明しますね。

実は契約したその日から30日間無利息のキャッシングサービスと利用したその日から30日間無利息のキャッシングサービスといったケースが存在するのです。
契約した日が6月1日、初利用が6月5日なら、前者は6月30日まで、後者は7月4日までといった具合です。
契約したその日に利用すればあまり関係ないことではありますが、30日間無利息キャッシングサービスといっても各社によってこういった注意が必要だということは覚えておいてください。

こちらのサイトでは今のようなサービスの他、キャッシング各社の紹介を分かりやすく説明しているので是非ご覧になってみて下さい!

産後脱毛症について

“産後太り”はよく耳にするとおもいますが、出産後意外と悩んでいる人が多いのが産後に起こる脱毛症“出産後脱毛症”です。
出産後2?3ヶ月くらいから突然抜け毛が多くなり、ある日真っ黒な排水溝をみてびっくりされるという方が後を絶ちません。出産後の疲れも重なってか、「急に老けたなぁ」「赤ちゃんに全部持っていかれちゃった?!」と心配される方も多いようです。

“出産後脱毛症”は、通常の抜け毛とは違い産後に起こる特有のものです。
症状としては、男性型脱毛症(AGA)のように一部分が薄くなるのではなく、全体的に髪が細くなり、抜け毛も増えて、ボリュームがなくなってしまう、といった感じです。

原因としては、“女性ホルモン”のバランスの乱れによるものだと言われています。女性は生理周期にあわせて、2種類のホルモンが働きます。排卵前に卵巣から分泌される「エストロゲン(卵胞ホルモン)」と排卵後に卵胞から変化した応対から分泌される「プロゲステロン(黄体ホルモン)」です。
通常はその2種類が約2週間毎に働くのですが、妊娠すると「プロゲステロン(黄体ホルモン)」が上昇します。「プロゲステロン(黄体ホルモン)」は、髪の寿命を延ばそうとする特徴があります。このため妊娠中は本来抜けるはずの髪がそのまま成長しますが、出産を境にプロゲステロンの分泌が低下し、本来ならとっくに抜けているはずの髪が一気に抜けてしまうというわけです。

産後の脱毛はホルモンのバランスによる一時的なものなので、通常は半年?1年くらいで元にもどるといいます。ただそれには個人差があり、特に高齢出産の方などはその後なかなか回復しないというケースもみられます。
また、この期間でも元の髪の状態に戻らず、悩まれている女性たちも多くいます。その原因の多くは「出産後の生活習慣」や「出産後のストレス」によるものとも言われています。

例えば、出産後は赤ちゃんが中心の生活になるため、ほとんどの方が生活リズムが狂ってしまったと感じると思います。さらに、夜泣きや授乳で睡眠不足になったり、慣れない育児で疲れや不安・ストレスを感じるため、髪の発達にも影響を与えることがあるのです。
また出産によって増えた体重を一気に減らそうとして無理なダイエットをすると、ホルモンバランスが崩れるため、髪の発達にも影響を与えます。
問題なのはこれらを放っておくと女性によく見られる“瀰漫(びまん)性脱毛症”に移行してしまうケースがあります。
“瀰漫(びまん)性脱毛症”は自然と回復するということはありませんので、そうなる前に手を打っておきたいものです。
“産後脱毛症”がいくら自然に治るといっても、このまま薄毛になってしまうのではないか…と心配な方や、なかなか元通りにならず不安な方は
“女性のための女性用育毛剤”をチョイスすることをおすすめします。
男性の“ただ生やす育毛剤”とは違い、デリケートな女性のために授乳中でも安心して使える無添加なものや、やさしい成分でできているものも多く開発されています。安価なお試しセットや返金制度があるものもありますので、薄毛の状態にストレスを感じる前にぜひトライしてみてください。

生ハム原木が熱い!

人が集まることの多いこの時期、我が家には友人、同僚、親戚、など大勢の人が入れ替わり立ち替わりやって来ます。何かパンチの効いたものを…と半分くらい見栄を張って思い切って購入した“生ハム原木”。
これがウケたウケた!気づいたら写メ大会、Facebook「いいね!」100件超えみたいな(笑)
なにがすごいって、やっぱりその迫力ですよね!自分が購入したやつは“ハモンセラーノ”っていう3万円くらいのもの。2万円程度のものもあったけど、どうせ買うならそこそこのやつってことで。“初心者感”を出さないように、あらかじめ上の方の皮をキレイに剥いでおき、みんなの目の前でナイフで切り分ける快感!みんなで動画大会、Youtube再生回数何万回みたいな(←くどい笑)
ちゃんと切り分けられるか心配だったけど、付いて来たナイフが専用で切れ味抜群だったし、もちろん切り方のレクチャー本が付いていたので上手にできました♪
味はと言うと、まろやかで甘みがあって食べやすい。脂の感じもほどよく、しつこくないし、切りたてはほんのり香りがあって、まさに“ワインに合う”って感じでした。
ちなみに自分はネットで購入しましたが、ネットでも専門店で買うことをおすすめします。探せば安く扱っているショップもありますが、生ハム台やその他必要なものがセットになっていなかったり、原木は保存がポイントなのですがその辺りが不親切だと口コミにありました。
見た目がちょと抵抗ある…という方も、食べたら納得!みんな一家に1本?欲しくなる美味しさなので、ぜひお試しを!

脱毛のタイミング

脱毛っていつすればいいのか…
これは女性にとってはなかなかの悩みではないでしょうか?

タイミングを間違えると肝心な時に毛が生えていたりして最悪な状況になってしまいます。

肝心な時というのは、やはり露出の多い夏頃ですよね。
その時期に女性のセクシーさを演出する肌を見せることが出来ないというのは、女性としてもアピールポイントを大きく損なっているのでとても損と言えます。

特に既婚女性なら特に問題ありませんが、
彼氏がいなかったら婚活をしているような女性はその時点で他の女性と大きく差をつけられてしまっているので、絶対にそんな状況にはしたくありませんよね。

ということで、脱毛はいつすればいいのか?
そのタイミングですが…冬にするのが一番良いそうです。

なぜか?

理由は夏になるとどこの脱毛サロンも予約が取りにくくなってしまい脱毛自体を行えない可能性がある為です。そうなる前に冬の間から着実に脱毛をしている方が良いそうです。それに、冬に南国に海外旅行へ行ったりする場合にも対処も出来ます。

あくまで焦点を合わせるのは夏になりますが、それを踏まえ冬に脱毛を始めることが最善の方法のようです。間違っても夏の直前で脱毛サロンに通うというようなことにはならないようにして下さい。その時に予約がいっぱいで入れなかったらはっきり言ってもうヤバいです…。

今年ももうすぐ夏が来てしまいますが、
正直これから始動するのはちょっと遅いのですが
夏本番までにはまだ2ヵ月くらいはありますので
まだまだ大丈夫です!

これから脱毛サロンに行って綺麗になりましょう!
そして今年も最高の夏にしましょう!

…ということで、私も今日から脱毛サロンに通うことになりました。。。

これから頑張ります。。。

女性が借金しても問題ないでしょw

女性が借金することに対して偏見を持っている人が多いようです。
男性はよくて女性がいけないという発想を持っている方は論外ですね。

でも現実問題そのように女性がお金を借りることに対して「女性らしくない」
という気持ちを抱いている男性が多いようです。

全くの偏見ですよね。女性の社会進出が当たり前になり、
女性が自身で生計をたてることが当たり前の時代になりました。

女性も男性と同様に交際費もかかりますし、よりお金を増やすために投資が必要な時もあります。
そんな時、借金をするという選択肢が当然あるわけです。

まぁ女性の借金に対して偏見を持っている人に限って稼いでいないどうしようもない男性が多いんですけど。ちょっと言い過ぎですが事実ですから仕方がないです。

基本的に女性に対してあーだこーだ言う人は女性に嫉妬しているんでしょうね。
虚栄心だけがあって女性にだけは負けたくない、女性のくせにといった論理なんでしょう。

文句を言うのは余裕がないというか三流の証です。
とはいえ女性自身が後ろめたい気持ちからお金を借りるという行為を自粛してしまう傾向があるのも事実です。まぁ変な偏見を持つ男性がいるので仕方がない面もありますが、それは自分に勇気がなからですよ。

必要なお金を借りることのどこが恥ずかしいんです。もし恥ずかしくても必要なら借りるべきです。
借りにくいというのであれレディースローンなどを利用するのも一つの選択肢です。

オペレーターなどの対応も全て女性なので若干、借りやすく感じるかもしれません。
なおお金を貸している業者は多種多様で色々ですが出来るなら大手が良いでしょう。

 

能力の高い女性が多い時代

最近は女性の社会進出が当たり前になってきました。

感じることは女性って能力の高い方が多いなということです。

私の知り合う女性は能力が高いです。

男性とは違った能力の高さなので見ていて面白いですね。

女性は管理をするのが上手な方が多いですね。

しっかりと与えられた仕事を自分なりに考え、そして期日を守ってこなしていく。

ナンバー2に管理の能力が高い女性をおけばかなり会社として成功する確率は高くなるというのが私なりの考えです。

組織はトップが重要なのはもちろんですがナンバー2がしっかりとしている組織は勢いがありかなりの確率で成功しています。

これは私がとった統計上の話しなのでほぼ間違いないと思います。

ただ女性は仕事以外にも子供を産んだりとても大切な事をしなければなりません。

現実問題子供を産んだ女性は会社に戻ってきたら浦島太郎状態ってケースが多いですね。

なんともったいないことでしょうか・・・

能力の高い女性が多くいるのに、能力が高い女性を十分活躍させることが出来ない組織がいまだにほとんどなのはびっくりです。

インターネットの普及により、どこにいてもコミュニケーションをとれる時代になりました。

また長時間働けば良いという考えも時代錯誤だという考えも段々ですが普及してきました。

能力が高くて埋もれている人材をどのようにして組織に取り込んでいけるか。

それが今の会社の求められている重要な課題だと私は思います。